膝イタが改善、お客様の声

加圧トレーニング、膝イタの改善、新横浜在住、お客様の声

こんにちは^^新村 哲です。

膝に痛みがあり、スポーツジムの階段を、後ろ向きで、降りている高齢者を、よくお見かけします。

早めに、脚、膝のゆがみを、改善しておけば、防げたはずです。

綱島の加圧トレーニングの膝の痛みの改善法

チューブトレーニングで、お尻の筋肉を強化します。女性の場合、お尻の筋肉が弱くなり、膝に負担が、かかっている事が多いのです。

股関節を、活性化!その後に、加圧トレーニングで、スクワット!

つま先と、膝は、同じ方向、母指球に、しっかり、体重が乗るように、スクワットを行います。

正しいホームで、スクワットすると、脚やひざ、足首の歪みの改善に、なるのですね。

歪み整えながら、加圧トレーニングで、筋力アップすると、膝の痛みが改善されていきます。

自己流トレーニングでは、膝イタ改善は、難しいのです。やはり、加圧パーソナルトレーングが必要なのです。

では、膝イタ改善目的で、加圧パーソナルトレーニングを、お受けいただいています。

新横浜からお越しいただいています、お客さまの感想です。

ハリや整体に通っていたのですが、膝痛が良くなりませんでした。

それで、こちらの加圧トレーニングとストレッチ整体を試してみようと、思いました。

膝の歪みを、整えないと、膝痛は、良くならないと、言われて、なるほど!と思いました。

初回のトレーニング後から、痛みは、軽くなりました。続ければ、完全に改善できそうな感じがしています。

(新横浜在住30代女性)


感想ありがとうございます。

慢性的な膝イタを改善するには、脚、膝下の歪みを整えて、お尻、内ももなどの筋肉を、トレーニングする必要があります。

私も、スポーツマッサージや整体などの、手技だけも行いますが、膝イタは、エクササイズを、行なわないと、ほとんど良くなりません。

「膝イタが良くならない」とお悩みの方!

O脚など、脚、ひざ下の歪みは、そのままでは、ないですか?悪い歩き方のままでは、ないですか?

「筋肉を鍛えろ!」と言われ、闇雲に、自己流で、トレーニングしてないですか?

おそらく、それが、アナタの膝イタが治らない原因です。

綱島の加圧パーソナルトレーニングは、ダイエットしながら、膝イタを改善できます。正しい改善エクササイズも、どうぞ家にお持ち帰りください。

綱島の加圧パーソナルトレーニング、大倉山在住のお客様の感想です。

綱島の加圧トレーニングに、通って頂いているお客様の中には、趣味で、マラソンをされる方も、数人いらっしゃいます。

やはり、筋肉のバランスが悪い方は、いろいろな痛みが、出てきます。

特に女性の場合、ダントツ、一番多いのは、膝の痛みです。

綱島の加圧パーソナルトレーニングの、膝の痛みの改善方法

膝イタ改善は、まず、股間を強化する必要があります。股間の強化と、膝の筋力アップの、加圧トレーニングの種目です。

足が安定しないと、膝の負担は、無くなりません。足首が正しく使える様に、調整します。柔軟性が無くなってしまった、筋肉をストレッチします。

エクササイズは、ほんの一例です。こんな感じで、膝の痛みを、改善していきます。

膝の痛みのを、改善するためには、ただ、筋肉を鍛えるだけでは、足らなすぎるのです。

やはり、パーソナルトレーニングで、膝イタ改善のエクササイズを、習得する必要があるのです。

では、膝イタ改善のパーソナルトレーニングのをお受けいただいています。大倉山からお越しの、お客様の感想の、ご紹介させていただきます。

趣味の、マラソンで、膝の横の部分に、痛みが出る様になり、リタイアの連続でした。

原因は、膝ではなくて、お尻の筋肉が、弱い事でした。そこを、徹底的に、強化していただきました。

また普段、走る練習と同時に、行なわなければ、ならないエクササイズも、アドバイスしていただきました。

変化はすぐに、あらわれました。今は、練習で、いくら走っても、膝は痛くなりません。

今度は、無事に完走できそうです。(大倉山在住30代女性)


感想ありがとうございました。

定期的に、運動する事は、とても良い事です。でも、悪い状態で、行なってしまうと、痛みが出ます。そして、運動をすればするほど、悪化してしまう。そんなパターンも、多く見てきました。

膝の痛みのお悩みは、女性に多いですよね。膝の周りの筋肉を鍛えても、ほとんど、解決しないのです。

それは、膝に原因が無いからですよ。

痛みには、必ず原因があります。なぜ、そこが痛むのか、全身をみて、判断いたします。お悩みを解決して、スッキリしませんか?

走って痛くなる膝イタを改善する!加圧パーソナルトレーニングと、ストレッチ整体です。

こちらでお待ちしています。

慢性的な、膝の痛みを改善する方法とは?

年齢とともに、痛みが増す膝イタ、改善のトレーニングを、正しく行わなければ、良くなりません。

また、ただ膝の周りの、筋肉を鍛えても解決しない事が、ほとんどです。

股関節、ひざ関節、足首と、3つの関節に、アプローチする必要があります。

股関節の動き、骨盤の歪み改善

慢性的な、ひざイタ改善で、股関節の動き、骨盤の歪みを、整えるのは、定番です。

お尻の筋肉と、内ももの筋肉を、使って歩けるのが、理想的です。

肘を枕にして、頭から、足先まで、一直線横になります。

股関節と、ひざを45度に曲げます。お腹を軽く凹まし、腰も軽く反らして、筋肉に力を入れて、体幹を固定します。

お尻の筋肉のみを使って、ゆっくり、ひざを持ちあげます。20回繰り返します。お尻のほっぺたが、じわ~と効いてきたら、正解です。

おへそを、床に近ずけて、バランスを保ちます。太ももの付け根を、伸ばします。

膝のお皿が、内に向かないように、お尻の筋肉だけ、使って、持ちあげます。

ゆっくり、20回繰り返します。お尻のほっぺたが、じわ~と効いてきたら、正解です。

上の脚のひざを、床につけて、逆の内ももを、上に持ち上げます。内ももの付け根に、効かせます。20回、ゆっくり行います。

反対側も、すべて同じように、行ってください。

膝下の歪み改善

年齢とともに、悪い歩き方などが原因で、ひざ下の骨(すねの骨です。)が、外側にズレていきます。

太もも裏の、内側の筋肉が、弱くなります。膝下の、ズレを修正する、エクササイズです。

仰向けになり、つま先を、上げます。膝と膝の間は、コブシ1個分開けます。

お腹を軽く凹まして、腰は、手のひら一枚分、反らして、固定します。

そのまま、お尻を上げます。ゆっくり20回!

太ももの裏の、内側が、効いてきたら、正解です。(カカトをお尻から、遠くにするのが、コツです。)

足首の動き、歪み改善

膝イタの方の、ほとんどが、歩行時、体重が、かかると、つま先が、外にスライドします。

そのため足首は、捻じれます。直地がうまくいかないので、ひざに負担がかかります。

数センチ高い所に、親指の付け根(母指球)を、乗せます。(布団でもOKです。)

母指球側に、8割体重をかけたまま、お尻の筋肉で、ひざを、外に開き、つま先と同じ方向に、合わせます。

10回、ゆっくりスクワットします。

母指球、体重8割、つま先と、ひざが同じ方向を、向くように、腰を下ろします。足首の歪みを、改善します。

股関節、ひざの関節、足首と、3つの関節の機能を、正常にしてから、加圧トレーニングで、膝周辺の筋力アップを、行うと、膝イタの改善に、効果的です。

膝イタを改善したい方、こちらをご覧ください。

メニュー料金
アクセス地図
お客様の声
よくあるご質問
お問い合わせフォームでご予約

電話でご予約 090-1601-1178
(セッション中は電話に出られません。留守番電話に、メッセージを入れて下さい、折り返しお電話いたします。)